リーダーシップとは

組織内でリーダーシップを発揮するには、リーダーシップとは何かを知る必要があります。
私達が提供する研修、コンサルティングは、リーダーに必要な要素が向上することを目的した内容に
なっています。
リーダーシップを構成する要素は以下の通りです。

目的と目標設定能力
リーダーは、明確な目的と目標を設定してスタッフを導く力が必要。
学習姿勢
自ら学ぶ姿勢を示し、向上する姿を見せることが信頼につながる。
判断力と決断力
複数の選択肢から望ましいものを判断し、それを実行に移すための決断が求められる。
指導力とコミュニケーション能力
スタッフの成長に必要な要素を分析し、伝えるためのコミュニケーション能力が必要。
責任感と行動力
物事の責任の所在を明確にして、背負うべき責任を背負い、率先して必要な行動をとる力。
マネジメント能力
危機管理、業務の進捗管理、モチベーション管理などの目的達成のための管理能力。
寛容さ
スタッフの未熟さ、個性を受け止め、成長に促す力や複数の個性や意見をまとめる力

 

上記のような要素を高めることで、下記の取り組みを推進させ、組織全体を目的達成に導くこと
ができる人こそ、リーダーシップのある人だと言えます。

 

リーダーに求められる役割

  • 目的達成のための目的と目標の明確化
  • 目的達成のビジョンの明確化とイメージの共有
  • 目的達成のための行動の促進と継続へのアプローチ
  • 目的達成のための行動の評価と修正

リーダーシップ研修とコンサルティング

リーダーシップの向上は、理論を伝える座学とワークショップなどを行う研修とコーチングを
取り入れたコンサルティングによって進めていきます。
社内のどの立場の人に、どのような成長を望まれるかによって適したプログラムを提案させて
頂きます。

研修、コンサルティングの主なテーマ
リーダーシップ   ・ハラスメント   ・ストレスマネジメント   ・マーケティング
コミュニケーション ・接遇、接客マナー